MENU

プロミスで借りるか他で借りるか

2017/07/01 10:51:01 |
返済負担をよく考えて金利を重視して借りたいとなれば、プロミスでは適さない場合があります。プロミスは早い代わりに消費者金融だけあって金利がどうしても高くなってしまうので、低金利で借りたいといった希望を持つ方は希望通りの利用ができない可能性があります。低金利で借りたいとなればプロミスというよりも消費者金融自体が適しておらず、低い金利で借りるなら上限金利でプロミスよりも低い銀行カードローンを考える必要があります。ただ、銀行で借りる場合に気をつけておきたいのは、限度額に応じて上限の金利が変わる点です。それぞれの対応をする金利を見ておかないと本来の金利を見逃してしまう可能性があり、プロミスよりも低金利で...
2017/07/01 10:51:01 |
消費者金融の中でも手続きが早く人気となるのがプロミスですが、消費者金融はプロミス以外にももちろん存在しています。他の大手消費者金融もサービス面では悪いものではなく、内容によってはプロミスよりも優れている部分もあります。比較対象をモビットとしてみると、プロミスとは違った面で優れているサービスであると分かります。モビットはプロミス同様に消費者金融となり、ローン申し込み機を利用すると土日でも最短即日融資も可能となる点にプロミスとの違いはありませんが、利用条件は異なるとされています。全体としての金利で見れば大きな違いはなく、限度額は上限で見ればモビットのほうが最大で800万円と大きくなっていますが、総...
2017/07/01 10:51:01 |
消費者金融の店舗と聞くとどうにも入りづらい、近寄りがたいといったイメージを持たれるものですが、プロミスの店舗となるサービスプラザはぱっと見ただけでは消費者金融の店舗とは分からないような雰囲気となっているため、足を運びやすくなっています。非常にきれいに保たれている店舗は相談も行いやすく、お金を借りる際も返す際も、何かあれば気軽に来店ができます。営業時間には注意をしておく必要はありますが、平日であれば夕方までは営業をしている店舗が多いので、仕事帰りにも無理なく来店が行えます。女性の方でもプロミスの店舗は利用をしやすく、スタッフの対応も丁寧と評判のためにはじめてのカードローン利用先としてもプロミスは...
2017/07/01 10:51:01 |
便利なカードローンによるキャッシングも、返済時にかかる利息負担が大きくなるのが欠点です。目的ローンなどと比べると金利が高くなってしまうため、カードローンだからこその手軽さがある反面で返済負担は大きくなりがちです。特にプロミスなどの消費者金融を利用すると金利は負担となってきます。銀行に比べると金利が高くなるために仕方がない部分であり、よく考えて返済計画をしっかりと立てないと返済で自分自身が困ってしまう可能性があります。ただし、プロミスの場合には消費者金融の中でも利息負担が減らせるようになっています。初回の利用時に限定はされますが、プロミスでは一定の条件を満たすと借り入れの翌日から30日間が無利息...
2017/07/01 10:51:01 |
お金が必要になるのは土日といった場合も多く、でかける際のお金の不足や急なお誘いがあっても手持ちがなくて何もできないといった場合には、プロミスでの土日の最短即日融資が便利です。プロミスは審査も契約も、そして借り入れの開始も土日でも対応をしており、銀行の営業をしていない時間や曜日となると振り込みで借りるのは難しいですが、銀行振り込みではなく契約機を使ってカードを受け取り、プロミスATMや提携ATMを利用する借り方であれば銀行が営業をしていない間でも借りられます。消費者金融では一般的な手続きであり、何もプロミスに限ったことではないのですが、契約機の利用においてはプロミスが優れている点があります。それ...